トヨタL&F札幌株式会社

社員インタビュー

個性豊かな社員たちが、それぞれの専門分野で活躍しています。
先輩たちのメッセージをご覧ください。

営業職

発寒営業所販売係 営業キャップ

山本 裕之

HiroyukiYamamoto

2006年7月入社
北海道自動車短期大学出身

強い人間関係を作ってスキルアップできる仕事です。

ーこの会社に決めた(入社)理由は?

カーディーラーとは違いお客さまの現場へ訪問し、フォークリフトやショベルなどの点検・修理を実施、故障等を未然に防ぎ日々安全に作業できる環境づくりの提案など、幅広い仕事内容にやりがいや魅力を感じ入社したいと強く思いました。また教育制度が充実している事も決め手になりました。

ー現在の仕事内容は?

フィールドエンジニアを8年経験したのち、現在は営業スタッフとしてフォークリフトやショベルローダー、物流機器など様々な商品の販売を主としております。ただそれだけではなく、お客さまの物流現場のコスト削減や効率化、環境面など改善策を共に考えたり、安全面ではお客さまの会社に出向き安全講習会を実施したりします。お客さまと強い絆作りをし、価値のある商品の提案をする仕事です。

ー働いていて嬉しかった事はありますか?

エンジニアの時は、故障で使えなくなったフォークリフトなどをその場で修理し、お客さまに「ありがとう」と言われる事がすごく嬉しかったです。また営業スタッフになってからは、他社様のユーザーに営業をかけましたが、最初は門前払いでした。めげずに何度も訪問する事でお話をさせてもらえるようになり、提案した商品を受注できた時は本当に嬉しかったです。「山本から買って良かった」と言われた時も本当に嬉しいです。

ーでは、逆に仕事での失敗談を教えてください。

エンジニア時代、直すはずが分解・組立時に逆に壊してしまったり、故障個所の判断ミスがありました。営業での失敗は、お客さまへの説明漏れで上司と謝罪に行ったり、必要なオプションをつけ忘れた事がありました。このような経験を踏まえ、二度と同じ失敗は繰り返さないよう、何度も確認をするようになりました。

ー職場の雰囲気はどうでしょう?

現在は発寒営業所で仕事をしていますが、仕事とプライベートのメリハリがしっかりしており、雰囲気は非常に明るく活気のある職場のため笑顔と笑い声が絶えません。その為、所長をはじめサービス部門と販売部門の情報共有がしっかりしており、お客さまへのサポートも万全です。また困ったことにはみんなで考え、取り組み、解決する一体感のある職場です。

ー趣味や休日の過ごし方を教えてもらえますか?

当社は年間の休日が決まっており週末が休みの為、友達や仲間との計画も立てやすく、キャンプやスノーボード、旅行、札幌競馬場など休みの日はフルに外出します。また飲みに行く事も好きなので、友達や仲間と仕事を忘れ飲み明かす事もしばしばです。また野球が好きなので、お客さまと草野球をし交流を深める事もあります。

ー今後の目標や夢を教えてください?

サービス経験を生かし、お客さまから些細なことでも相談され、山本から買いたいと言われる営業マンになりたいです。そのためには、まだまだ上司や先輩に相談し助けられる事が多々ありますが、少しでも多くの知識を習得し、物流のプロフェッショナルになりたいと思います。また、産業車両販売台数500台・1000台表彰を目指し取り組みたいと思います。

ーでは最後に後輩へアドバイスをお願いします。

法人営業が多いため企業経営者の方とお会いしお話する機会が多く、自分自身のスキルアップへとつながります。内容はただの物売りとは違い、お客さまのニーズを聞き出しそれに見合った製品を提案する仕事ですので、お客さまと強い人間関係を築くことができ、非常にやりがいがあります。また当社は教育制度が充実していますので基礎から学ぶ事が可能です。