トヨタL&F札幌株式会社

社員インタビュー

個性豊かな社員たちが、それぞれの専門分野で活躍しています。
先輩たちのメッセージをご覧ください。

事務職

総務部総務課係長

棚田 啓記

HirokiTanada

2008年入社
北海道教育大学出身

会社を支える縁の下の力持ち!

ーこの会社に決めた(入社)理由は?

私は転職をして、この「トヨタL&F札幌」に入社をしました。もともと、前職でも5年ほど総務を経験していたこともあって、その経験を生かせる職場を探していた時にめぐりあったのがこの会社でした。転職活動をしていた時には、まったく関係ないお仕事に就いた時もありました。新しいことを覚える日々も新鮮でしたが、自分の学んできたコト・身に着けてきたスキルを生かせる職場が「トヨタL&F札幌」でした。

ー現在の仕事内容は?

総務は簡単に言うとオールラウンドプレーヤーであり、縁の下の力持ちのような存在です。人事、採用、社会保険、などなど幅広い業務を行っています。営業の方々や社員の方々が、自分の仕事以外での業務に気をとらわれないようにするのが私たちの役目です。会議の資料を準備したり、営業の方々の月々の労務を管理したり、会社の全てのひとが、すべての仕事が円滑になるように環境を整えるのが私たちの仕事です。

ー働いていて嬉しかった事はありますか?

何気ないことではありますが「ありがとう」と言ってもらえた時が嬉しいことだと感じています。会議で使う資料を用意している時や業務のサポートで、スムーズに上手くいった時に社員の方々から「ありがとう」と言われると嬉しく感じています。
採用のお手伝いをしている時、学校で説明をさせていただく機会があるのですが、そうした時に学生の皆さんが熱心に説明を聞いてくれるのを見ると嬉しいと感じますよ!

ーでは、逆に仕事での失敗談を教えてください。

覚えることが多くて大変だと感じていましたね。
今でも新しく覚えることはたくさんあって、日々大変ではあるんですけど、総務の社員で共有しながら解決にあたっています。
失敗談・・・給与計算を間違えて、誤った金額を支給してしまったことですかね。自分だけではなく、多くの社員に迷惑をかけてしまったので、その時には本当に肝を冷やしましたね。

ー職場の雰囲気はどうでしょう?

総務課なので黙々と仕事をする雰囲気ではありますが、みんな優しい人ばかりで、困りごとがあればお互いに協力し合う、よい関係です。私自身、転職をしてこの会社に入社しましたが、最初は分からないことばかりでした。そうした時に先輩に教えてもらいながら仕事を覚えていき、今の私があります。これから入ってくる未来の後輩たちにも私がそうであったように丁寧に教えていく社風を守っていくつもりです!

ー趣味や休日の過ごし方を教えてもらえますか?

休日や長期の休暇で旅行に行くことが大好きで、日本国内は46都道府県をすでに制覇しているんですよ!あとは静岡県に旅行に行くこと!そして、海外に進出していくのを楽しみにしています。

ー今後の目標や夢を教えてください?

病気になることなく、怪我なく仕事をこなして定年で仕事を終えることですかね(笑)
真面目な話ですと、会社は安定的に歩みを進めている状況です。これからも成長を続けていくために、目立つような貢献は出来ないかもしれませんが社員の方々が快適に仕事ができるように変わらずお手伝いをしていきたいです。

ーでは最後に後輩へアドバイスをお願いします。

総務の仕事は、かなり多岐にわたっていてますし、覚えることが多くて最初は大変に感じることがあるかもしれません。ただ、その分いろいろな知識を吸収できるので、自分の生活に役立つこと間違いなしです。社会保険や申請の手続き、納税など日常生活で厄介なことに強くなれたのは、総務をやっていてお得だなと感じていますよ。また、総務の仕事は分からないことが多くて当たり前だと思います。分からない時には、周りの先輩方に聞けば大丈夫ですし、先輩方も入ってくる新入社員が一人前になれるよう全力でサポートしますので安心して受験して下さい!