トヨタL&F札幌株式会社

社員インタビュー

個性豊かな社員たちが、それぞれの専門分野で活躍しています。
先輩たちのメッセージをご覧ください。

営業職

空知営業所販売係 営業キャップ

中野 嘉久

YoshihisaNakano

2007年入社
北海学園大学出身

お客さまの悩みを解決できる喜び!

ーこの会社に決めた(入社)理由は?

私も皆さんと同じで就職活動では迷える子羊でした(笑)
どんな会社で働こうか、どんな仕事をしたいかといった軸があんまりなかったのが記憶にあります。
そんな中で就職活動を始めていき、幸いにも内定を2社いただくことができました。どちらの会社を選択するかで迷っていましたが、「フォークリフト業界」という、自分にとって真新しい仕事をやってみたいと思ったこと。面接のときに(当時の社長・専務・部長)三役の方々が面接官に出てこられてビックリしたのですが、とてもアットホームな雰囲気でこの会社なら楽しく働けそう!と感じたことが大きな決め手になりました。

ー現在の仕事内容は?

空知営業所に配属されており、営業のお仕事をやっています。仕事内容は、端的に言えば「フォークリフトを売る」お仕事ではありますが、他にも保管用の棚が人気だったりします。現在、担当している地区は岩見沢市内と栗山・新篠津・月形となっております。お客さまの業種は農業がメインですが、工業地区もあったりするので、バラエティは豊かです。冬季の時期は、地吹雪がかなり強力で、ほぼ前が見えない状態でも頑張っていますよ。

ー働いていて嬉しかった事はありますか?

お客さまからご連絡をいただく事ですね。良いことばかりではないですが、結婚した後に、空知営業所に転勤する前のお客さまからお祝いのご連絡を頂いた時はとても温かい気持ちになったことを覚えています。最近はインターネットですぐに買いたいものの価格・仕様を確認できはしますが、人と人との繋がりが強い仕事なので、お客さまからの信頼を得られた時なんかは、嬉しいと思います。

ーでは、逆に仕事での失敗談を教えてください。

お客さまとのフォークリフトの納期のお約束を守ることが出来ずに、ご注文をキャンセルされてしまった事です。約束事をどうしても守れない時は、事前に連絡をして、代替案を提示する必要があるのは当然ですが、自分の中の許容範囲でものさしを考えてはいけないなと、勉強させていただきました。また、リフトアップされたフォークに頭をぶつけた事ですね。わりと痛かったです。

ー職場の雰囲気はどうでしょう?

営業2名・サービス5名・所長と業務の計9名の営業所です。豪雪地帯の為、大雪に見舞われると、出社に3時間近くかかる事もあるんですよ!そんな時はやたらと団結力を感じます。営業所の担当地域が比較的距離の大きい営業所ですので、忙しくはありますが、良好なチームワークで今のところ乗り切っております。時には他の営業担当の仕事で必要な書類などを届ける時に、私が近くに寄る時は代わりに届けに行くこともあるくらい、チームワークもそうですし頼みやすい雰囲気があると思います。また、営業所の最年長ですら40歳代なので、上から下まで若い年代で頑張っていますよ!

ー趣味や休日の過ごし方を教えてもらえますか?

あまり大声では言えないのですが、休日はほぼ引きこもりしてますね。だいたいゲームしてる事が多いですね。今は自分の中でPCゲームが流行で、最近はSteamなんかでゲーム探しを始めました。たまに旅行には行くのですが、とにかく遠くに旅行する傾向があるので、飛行機乗らないと旅行した気がしない、そんな感じです。

ー今後の目標や夢を教えてください?

空知営業所に転勤をしてきて、今年(2018年)が2年目になります。今後もより広く担当営業地区を回っていきたいですね。もちろん台数や売上もありますが、担当地区に慣れていくことはすごく楽しい事だと思います。私を信頼して困りごとや何かあった時に携帯に連絡をもらうと嬉しく感じます。「何かあれば中野に相談しよう!」って思ってもらえている証拠だと思いますから。
プライベートでは、結婚して数年経つので、そろそろ子供が欲しいですね!夢は色々あるんですが、ここでは語りきれないので、またの機会に…。

ーでは最後に後輩へアドバイスをお願いします。

入社して、最初の1年目はどうしても大変だと思います。なにせフォークリフトは身近な物ではないでしょうから。しかし、お客さまの現場というのは、対策済みのお手本のようなもので、いくつもの現場を見て回るっていくことで、次第にお客さまのお困りごとに応えられるようになると思います。まるでパズルをはめるように、改善策を当てはめてお客さまに対応できるようになれば、達成感も大きいでしょう。