トヨタL&F札幌株式会社

社員インタビュー

個性豊かな社員たちが、それぞれの専門分野で活躍しています。
先輩たちのメッセージをご覧ください。

技術職

中央支店サービス係 フィールドエンジニア

関根 卓矢

TakuyaSekine

2010年入社
北海道自動車整備大学校出身

フォークリフトという全く知らないものにチャレンジしてみたい

ーこの会社に決めた(入社)理由は?

学校の先生に勧められて、はじめてL&F札幌のことを知りました。土日祝日が休みだったことと、フォークリフトという全く知らないものにチャレンジしてみたいなと思い、入社を決めました。

ー現在の仕事内容は?

お客さまの元に出向き、お客様のフォークリフトがきちんと稼働するように確認するのが仕事です。急いでいてその場ですぐ修理をする場合もありますが、普通はまず点検や修理の見積書を作成します。お客さまからOKをもらったあと、実際に点検・修理を行います。お客さまの現場で実施する場合とL&Fの工場に搬入する場合があります。工場へ搬入する際は日程の調整や運送の手配、工場への指示など一連の流れをすべて自分でやります。現在はだいたい380台くらいを任されています。

ー働いていてうれしかったこと、思い出に残るエピソードは?

原因不明の故障で困っているお客さまのリフトを直したときです。バッテリー車で、「走行したときに車両がガクガクする」ということで、お客さまが困っていました。原因不明だったのですが、色々と原因を探していった結果、電流センサーの故障を最終的に突き止めました。原因が見つかり、修理してお客さまに喜んでいただいたことが嬉しかったですね。バッテリー車ってなかなか難しいんですよね。

ーでは、逆に仕事での失敗談を教えてください。

新人の頃にはよく先輩から指導されました(笑)
いろいろありますが、工場入庫の手配をしていたのに部品を頼み忘れたとか。周りの方々に助けられて今がありますね。ここでは話せない失敗もたくさんありますよ。

ー職場の雰囲気はどうですか?

FE(フィールドエンジニア)の仕事は基本的に朝出社して、準備ができたら外回りへ出てしまい、夕方まで帰らないので、職場の雰囲気…と言うと難しいですね(笑) 出先の現場で同僚のFEと協力して仕事したり、残業で工場に一緒に入って仕事したりとか、みんなで協力しあっているので、仲がいいと思います。

ー休日はどんなふうに過ごしていますか?

友人とバイクでツーリングに行ったりしています。知床まで行ったことがあって、キツネや鹿がいましたよ。それからたまに、フットサルもします。同僚ともフットサルやったりしてました。

ー入社前と入社後で会社や仕事への印象に違いはありましたか?

仕事が重量物ばかりで思っていたよりハードだったことですかね。ノーパンクタイヤやドラムがとても重く、最初はびっくりしました。

ー仕事をする上で大切にしていることは?

お客さまとの約束を守ることですかね。今のところ、その日の予定しているお客さまとの約束を忘れたことはありません。

ーそれでは最後に今後の目標を教えてください

お客さまから信頼されるFEになることですね。「関根に任せておけば大丈夫!」と言われるFEになりたいです。