トヨタL&F札幌株式会社

社員インタビュー

個性豊かな社員たちが、それぞれの専門分野で活躍しています。
先輩たちのメッセージをご覧ください。

営業職

苫小牧支店販売課 営業スタッフ

白川 元樹

GenkiShirakawa

2015年4月入社
北海商科大学出身

人とのつながりに感謝!

ーこの会社に決めた(入社)理由は?

私は、学生の頃から人と多く関われる仕事がしたいと思い、営業職を希望していました。この会社を知ったきっかけは、大学の就職支援の方からでした。はじめはフォークリフトなど遠い存在で、イメージも湧きませんでしたが、会社の説明会で流れたPR動画を見て、お客さまが笑顔で営業マンと会話をし、感謝の言葉を述べていたのを見て、こんな風にお客さまの困っていることを親身になり、感謝される仕事がしたいと思ったことが入社した決め手でした。

ー現在の仕事内容は?

仕事はテリトリー制で、その中でも私が担当しているお客さまは、農家さんと物流倉庫業などのお客さまです。主にフォークリフトを提案し販売をしています。その中でお客さまの現場に入り、モノや場所や人を視て、お客さまのお話し聞き、そのお客さまにとって何が必要なのか、お客さまと共に考え、より良いものを提案し、解決していく仕事をしています。

ー働いていて嬉しかった事はありますか?

テリトリー制ではありますが、飛び込み営業もあります。そのお客さまは農家さんだったのですが、最初は門前払いでした。何度もそのお客さまを訪問し、何度も訪問した結果、お客さまと少し会話も出来るようになり、「今まで他の同業者は、全然来ないのにお前が初めてだ」と言ってもらい、「フォークリフトはまだ買えないけど、買うときは白川から買いたい」と言ってもらえたことが、働いていて本当に嬉しかったことです。

ーでは、逆に仕事での失敗談を教えてください。

仕事の失敗談は色々とありますが、入社して2年目の時でした。お客さまとの約束事を忘れてしまい、お客さまを怒らせてしまったことでした。その経験もあり、今では頼まれたことは、すぐにやる、聞いたことはメモする、当たり前のことかもしれませんが、同じ失敗をしないように当たり前をしっかりやるようにしています。

ー職場の雰囲気はどうでしょう?

職場の雰囲気は、とても明るく事務所でも笑顔がある職場だと思います。営業所のみんなで一致団結して仕事し、仕事内容に違いはありますが、サービスと販売がお互いに情報共有をし、コミュニケーションも取れ、助け合って仕事をしていくことがこの会社の良いところだと思っています。時間管理もしっかりしていますので、社員にとってはとても嬉しく思います。

ー趣味や休日の過ごし方を教えてもらえますか?

年間で休日が決まっており、計画が立てやすいので、休日は基本的に外に出ることが多いです。その中でも車でドライブがてら温泉へ行ったり、友達と旅行に行くことが多いです。趣味は小学生の頃からやっている野球です。シーズンになると、会社や所属チームの方々と草野球をやるのが今の私にとって楽しい休日の過ごし方です。

ー今後の目標や夢を教えてください?

今後の目標としては、「困ったときにはトヨタの白川!」と言ってもらえるようになることです。お客さまがちょっとした困りごとを先輩や上司に相談し、その困りごとに対して、親身にそして丁寧に相談にのっていました。その姿をみて、私も先輩や上司のようにお客さまから信頼を得られる営業マンになりたいと思っております。

ーでは最後に後輩へアドバイスをお願いします。

今、過ごしている学生生活や今までの経験はとても大事だと思います。この会社へ入って、私が強く思ったことは、人とのつながりです。今はお客さまや会社の先輩たちと、仕事だけではなくプライベートでも交流させてもらい、仕事や自分の人生にも役立つことをたくさん学んでいます。今までの経験も全て役に立っていると思いますので、残りの学生生活もよりよく過ごしてもらいたいと思います。

「この街の物流ドクター」インタビュー